2010年10月06日

<NY金>最高値を更新 割安感広がり大幅反発

 【ワシントン斉藤信宏】5日の米ニューヨーク・マーカンタイル取引所の金先物相場は、為替市場でドルがユーロに対して大幅に下落したことなどを受けて、ドル建てで取引されている金先物に割安感が広がり大幅反発。指標となる12月渡しの終値は、前日終値比23.50ドル高の1オンス=1340.30ドルと、1日につけたばかりの終値の過去最高値(1317.80ドル)を大きく更新して取引を終えた。また一時、1345.40ドルまで上昇した。

 日銀が追加の金融緩和策を決めたことで、米連邦準備制度理事会(FRB)も追加緩和を実施するとの観測が強まり、ドルが下落。安全資産とされる金先物に投資資金が流入した。



次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!

業界初!集団心理追跡機能搭載のFX自動シグナルシステム



posted by しん at 12:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。