2010年10月10日

拘束の高橋さん帰国=長期化「ビデオ撮影と推測」―保釈金5万元、フジタで会見

 中国河北省で軍事管理区域に侵入し、ビデオ撮影したとして拘束され、9日に釈放された準大手ゼネコン「フジタ」<1725>現地法人社員、高橋定さん(57)が10日、経由地の上海から帰国し、東京都渋谷区の同社本社で記者会見した。拘束が長引いた理由について「ビデオ撮影をしたためと推測している」と明らかにした。
 高橋さんは7日までに、侵入を認めて謝意を示した始末書など三つの書類を提出。9日に保釈金5万元(約60万円)をカードで支払い、釈放されたという。
 高橋さんは一緒に拘束されたフジタ社員3人が9月30日に釈放された後も、1人だけ「居住監視」措置が続き、拘束は計20日間に及んだ。ただ30日以降は取り調べがほとんどなく、始末書を書く程度だった。 



次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!

業界初!集団心理追跡機能搭載のFX自動シグナルシステム



posted by しん at 21:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。