2010年10月11日

新ジャスダック12日発足…アジア最大規模

 大阪証券取引所は、アジア最大規模となる新興企業向け新市場「ジャスダック」を12日に発足させる。

 大証が運営するジャスダック、ヘラクレス両市場を統合し、上場企業数は1000社を超える。

 上場企業の監視制度を強化するほか、上場を目指す企業への支援策を充実させることで、低迷する新興市場の活性化を目指す。

 新市場には、統合2市場の上場企業が移る。実績重視の「スタンダード」と、成長銘柄を集めた「グロース」の2種類の区分を設ける。

 時価総額(9月末)は、東京証券取引所が運営するマザーズの約8倍にあたる8兆8000億円超にのぼり、韓国・コスダックやシンガポール・カタリストなどの新興市場も上回る。

 市場の信頼を高めるため、上場企業の問題行動に注意を促す「監視区分」を新設。米ナスダック市場を参考に、株価が3か月以内に1株10円以上に戻らなかった企業を上場廃止にするなど、上場維持の条件を厳しくする。



次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!

業界初!集団心理追跡機能搭載のFX自動シグナルシステム



posted by しん at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。